江東区時間 - 地域情報ポータルサイト
江東区時間 - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮らす、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
江東区時間 > 動物病院 > 動物病院モルム

動物病院モルム

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
フェイスブック フェイスブック
モバイル
QRコード
江東区時間
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
江戸川区時間
墨田区時間
葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
都筑区.jp 青葉区.jp
宮前区.jp 高津区.jp
RSS RSS配信について
桒野 悟 院長
インタビュー
桒野 悟 院長 クワノ サトル
SATORU KUWANO
動物病院モルム
出身地:東京都
趣味・特技:映画鑑賞、旅行
好きな本・愛読書:虫の生態などの本
好きな映画:アクションもの
好きな言葉・座右の銘:挑戦
好きな音楽:ロック、ジャズ
好きな場所・観光地:南米
■獣医師を志したきっかけ、現在に至る経緯などをお聞かせください。
私が12歳くらいのころ、自宅で飼っていた犬が死んだんです。また、他にも動物を飼っていましたが、それらを飼育する中で、死というものに疑問を持つようになりました。「どうして死んじゃうんだろう」ということが不思議だったんですね。どうしてうちの犬が死んだのかを知りたくて、近くの獣医師さんに「どうして死んだの?」と尋ねたんです。そしたら「心臓に虫が湧いたんだよ」って教えてくれました。ただ、それがずっと頭にひっかかってしまったんです。「何もない状態から、いきなり虫がわくなんてどういうことなんだろう」と。その疑問が頭の片隅にずっとありましてね。高校生で進路を決める時に、このことを思い出して、疑問を解決したくなったんです。「獣医師」という言葉はすぐには浮かばなかったのですが、受験雑誌をめくっているときに、「獣医学部」のところに目がとまり、「あ、これだ!」と思い、獣医学部を受験したんです。

桒野 悟 院長 桒野 悟 院長

■『動物病院モルム』についてお話しください。
「目配り」「気配り」ができるように、例えばドアのガラス部分を広くすることで、目線がしっかり届くようにしました。飼い主さんの気持ちを少しでも明るくしたいと思ったのと、あたたかい雰囲気が出るように、院内にはオレンジなどの明るい色を多く使っています。獣医師は私を含めて3人。私は帝京科学大学とTCA専門学校で非常勤講師をしているので、医院を空けるときは他の獣医師が治療にあたるなどしています。当初は土曜日の午後と日曜日は休診にしていたのですが、多くの飼い主さんに来ていただくようになると、なかなか診察が追いつかなくなりました。それに、病気は待ってくれないので週末に進行してしまうこともあります。そうしたこともあり、今は休診日を設けていません。こうすることで、何かあったときにすぐ対応できますし、休みあけの月曜日に診察が増えるのを防ぐことができるようになりました。

■ペットの高年齢化に伴って、どんな病気が増えているのでしょうか。
桒野 悟 院長ペットの高齢に伴い増えているのが腫瘍、つまりガンなんです。ただ、最近は化学療法も発達しているので、早期発見や適切な処置によってしっかり治療していくことができます。当院では、週に3回を〝腫瘍の日″としていまして、担当の獣医師が腫瘍の相談と治療にあたっています。麻布大学動物病院で研修、研究を積んでいますので、専門的な治療をすることができます。体調のバランスをとりながら、安全性の高い治療に取りくんでいます。必要に応じてレーザー治療を取り入れますが、そのあとどうするかまで、しっかり考えてから施術しています。医療技術はどんどん進歩していきますので、これはいいと思った方法は、積極的に診察に取り入れていきたいと思っています。悪いところを早期発見できるように、「耳の掃除してください」「爪を切って下さい」などのケアーでも来院していただきたいですね。そのたびに体調をチェックしていますので、いつもと違うなと気づくことができます。

■診療の際に心がけていることについてお話し下さい。
ホームドクターとして安心して頼っていただけるように、地域のみなさんとのコミュニケーションを大切にしています。診療の際に説明をわかりやすくすることも、その1つですね。いくら詳しく説明したとしても、相手が理解できないようなら、それはインフォームド・コンセントとは言いません。飼い主さんがご高齢ならご高齢なりの、子どもさんなら子どもさんなりの言葉の選び方があります。そうすれば、医学を知らなくても理解できるんです。「何がどうなっているから、この症状が出ている」ということが伝わるように意識しながら、病状の説明や今後の治療計画をお話します。ちなみに、私が飼っていた犬の死因は「心臓に虫がわいた」のではなく、「フィラリア感染症」でした。大学に行って分かったんですよ。もしあのとき「フィラリア感染症」という病気があって、それで死んだのだと教えてもらっていたら、疑問を引きずることはなかったかも知れませんが。

■最後に、サイトをご覧になる皆様にメッセージをお願いします。
ワンちゃんやネコちゃん以外のご相談もしておりますので、お電話をしてからのご来院をお願いします。歯磨きやしつけに関するお悩みも、抱えてしまうことがないようにしてください。当院は、獣医師も看護師も歯に関するレクチャーを受けていますので、手術や歯磨き指導など、皆が分担して細かく対応しています。しつけに関しても、一般論ではなく「この子の場合は」という視点でお話するようにしています。普段の様子からしっかりお話を聞かせていただいてから、指導及び診療にあたります。
当院は都営新宿線と半蔵門線の住吉駅から徒歩1分のところにあります。アクセスしやすいので、地元のみなさんはもちろん、お近くにお住まいの方も、お困りのことがありましたら遠慮なくお越しください。

※上記記事は2015.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
かおるペインクリニック 浅川クリニック 中葛西歯科・矯正歯科 中島歯科医院 なかむら整形外科 東京・新橋の性病科 - あおぞらクリニック 新橋院
あひる矯正歯科 新築住宅・リフォームなら株式会社新翔 ひろた医院 オーデンタル ケア クリニック たかすな内科胃腸科クリニック ekoデンタルクリニック